~愛する娘たち、そして家族との賑やかな毎日の出来事や私の大切な仲間たちとの出来事やら・・・思ったこと、感じたことをお送りします~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べ物でなら・・・
2007年07月10日 (火) | 編集 |
ユキノは、算数が苦手らしい。
足し算をするにも、すっごい時間がかかり、ブロック操作が
ないと、突然崩れる(爆)


『信じられなぁぁぁ~~~い!!できないし。』


こんなことを言って、椅子から落ちる

母、放置。

かまってもらえないユキノは、泣きが入る。
でも、泣けば母のスパルタが始まることは本人も重々
わかっている。なのに、いつも椅子から落ちる・・・。


昨日の夜、足し算もできないユキノが、



『引き算、始まったよぉ~。ユキノ、できるんだよぉ~!』

とスキップしている。そして、自問自答を始める。



『10-10は・・・・・』



10-10は・・・?


『ひゃくぅぅ~~~!!(とっても元気な声)』


ひゃ、ひゃくぅ???


『んな訳ないでしょ。』


不覚にも突っ込んでしまった、母。
ユキノ、超嬉しそう。


『じゃあ、10だっ!!!』


だめだ、こりゃ・・・


『あんたさ・・・考えてみ・・・』



話し掛けるととっても楽しそう
母は楽しくない



『10から10を引くんだよ。どうなる??』

『わかんないさ。』



どうしたら、わかんないの?学校でやったばっかでしょ?!
発狂しそうになるが、ここは我慢。
これ以上、算数嫌いにさせてはなるまい。


『では、問題です。』


ユキノの目はキラキラ



『10このあめがありました。
     
そのうち、10を食べました。
          
何個残るでしょう。』



いよいよ、答えるときがきた。



『ゼロ。ないじゃん。全部食べちゃったじゃん。』


ご名答

つうか、食べ物でたとえないとわからんのか、お前は!!
って感じ。そして、答えた後の一言。


『ユキノ、もうできるじゃん


あんたのそういうところが、とってもうらやましいよ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。