~愛する娘たち、そして家族との賑やかな毎日の出来事や私の大切な仲間たちとの出来事やら・・・思ったこと、感じたことをお送りします~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検査入院 ~1日目~
2006年05月23日 (火) | 編集 |
いよいよ、入院の日の朝を迎えました。

がっ!!

とっても眠い・・・深夜までのゲームが
残っている(って、お酒じゃあるまいし・・・)

とにかく、予約時間が11時だったので、ユキノにも朝ご飯を
食べさせて、アヤノにも食べさせて、自分も化粧と着替えをし
てタクシーに乗り、『福岡市立こども病院』へと向かいました。

受付に診察券を出すと、すぐに呼ばれ、まずは循環器内科に行く
よう声をかけられました。循環器内科の窓口まで行くと、去年、
一緒に入院していた仲間がちょうど検診が終わったところで、会
うことができました。Tちゃん、大きくなってハンサムさんにな
っていたなぁ~。久々のご対面にTちゃんとアヤノはおおはしゃ
ぎ・・・といっても分かってないんだけどね(爆)お母さんとも
お話ができてとっても嬉しかったぁ~♪

そして・・・
循環器内科に診察券を出すと、まずは「計測(身体測定)」の
札を渡され、計測室へ。荷物が多かった私。Tちゃんのママが、
荷物を見ててくれると言ったので、お言葉に甘えて計測室へ。
アヤノさんの身体測定は・・・

71.4cm(71.9cm)
9900g (8520g) ( )内は10ヶ月の子どもの標準です。

まぁまぁ、大きくなっていましたよっ!これで、根治アピール
出きるぞ!と。そして、計測後に診察。前にも紹介したS先生。
2ヶ月ぶりぶり!笑顔で、そしてまた、体重のことを指摘しな
がら迎えてくれました。S先生にはアヤノも笑顔♪あら、この
子、こんな人がタイプ?!こども病院の石田純一(爆)

とりあえず、状態もいいので入院決行!!レントゲンを撮りに
行き、採血をして、午後から病棟へ言う事になりました。

お昼をTちゃんのママと院内のレストランで食べました
去年のことを話したり、お互いの今後の治療のことを話したり、
とても楽しい時間を過ごす事ができました。Tちゃんママ、ありがと

さて、午後になり、看護婦さんに病棟へ案内されました。
病棟に行くと・・・な、な、なんと!!去年、プライマリーで
お世話になった看護婦さんが戻って来ているではありませんかっ
もうもう、嬉しすぎです看護婦さんたちも、みなさん
笑顔でお出迎えしてくれて、本当に嬉しかったです

病室が決まって、看護婦さんに色々話しを聞いたけど、前回の
入院のようにオリエンテーションはなく、私はただ、前回も来てる
から説明してくれないのかな?程度に考えていました。それに、み
んな知ってるし、覚えててくれてるから、聞きたいこと聞けるし、
まぁいいか・・・みたいな。で、自分から聞きに行ったら、

「おかあさん、カテの時は自由にしてもらってよ。」

と言われ、拍子抜け・・・でも、規制がない病院生活もいいかも、
と楽しむ?ことにしました

病棟に入ってからは、アヤノをフロに入れたり、エコー検査を受け
るために、眠り薬を飲ませたり、エコー検査をしてもらったり。
そして・・・自分がシャワーを浴びたり、アヤノにご飯を食べさせ
自分も食べ・・・なんだか、あっという間の5時間でした。

そんなことをしていると、今回の入院の担当内科医の先生に呼ばれ
翌日のカテーテルの説明を聞くことに。こんなことを言われました。

肺動脈が育っていないかもしれない。
 育っていても、エコーで見た限りでは5,6mm。
前回の手術で入れた、シャント(人口血管)に
 血栓ができているかもしれない。
血栓ができていれば、そのままバルーン治療をする。
肺動脈の成長次第で、バルーンはしないで、そのまま
 手術で左にでもシャントを立てるかもしれない。
心臓の成長と状態次第で、今後、根治手術にするか
 フォンタンにするかが決まる。

ちょっとビックリ・・・今まで考えた事も、もちろん言われたことも
ないことを次から次へと言われ、自分の中ですぐには整理が正直でき
ませんでした。

「また、左も切るの?」
「根治じゃなくてフォンタンだとどうなるの?」
「バルーンって大丈夫なの?」

でも、S先生が病棟に来たときに、機関銃のように、聞きたいことを
全て話したらすっきり(笑)なんとなく納得。で、何よりも

「おかあさん、明日の検査やってみよう。やらないと何とも言えない
からさ。結果が出てから、考えよう。」

S先生のこの一言で、納得。S先生は去年の入院中もそんな感じだっ
たんだけど、このおおらかさが、お母さんたちを安心させてるのかも
しれないね。感謝、感謝です

この日の夜
アヤノさんは、昼間に飲んだ眠り薬で、睡眠時間がずれ
すっかりハイテンションに
夜中の12時近くまで、廊下やロビーでニワトリのように

「コッコー!コッコー!」

と大騒ぎ。看護婦さんにも、

「アヤちゃん、夜だよぉ~。ニワトリさんは、朝に鳴くんだよ~
と言われ、思わず苦笑い・・・。病棟のみなさんごめんなさい
って感じでした。でも、病室の人は、みんな明るくて楽しい人たち
ばかりで、始終笑いっぱなしでした。良かった良かった・・・

とりあえず、この日は翌日のカテの結果を待つことにし、私は爆睡
しちゃいました。

というわけで、今日はここまで、カテの結果は後日書きますね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。